小説-ラーメン屋旅館|風に漂うような、ほんの小さな雨

――雪の日に出会った女性――

 風に漂うような、ほんの小さな雨に気づいたのは、店に行くために車に乗ろうとした時だった。灰色に染まった雲が厚い事は分かっていた。だが、薄暗い街並みが小雨を消していたのだろう、車に乗り込みエンジンを掛けるまで雨が降っているとは思わなかった。

 雨に気付いてワイパーのスイッチを入れる。車のフロントガラスに付いた細かな水滴をゴムの刷毛が振り払う。と同時に頭の隅っこで、小さく折り畳められた記憶が、まるで手紙を開くように鮮やかに脳の中によみがえった。

 記憶とは、夢とウソ、このたったふたつの単語だった。なぜその単語が記憶の中にあるのか。いったい、いつからその言葉が、私の記憶に残るようになったのか。今朝の行動の中に結びつくものがあるのか。昨日の深夜、テレビの中で聞いた、何かのキーワードなのか。それは解らなかった。

 無意識に運転する車の中でさらに考えた。夢というのは、自分自身が持っている目的という事だろうか。それならば私は、若い頃に持っていた夢は実現している。ラーメン屋を開く事だった。今は自分の店の売り上げを伸ばすことに懸命である。

 だとしたら私の夢とは何だろう。普通の家庭を作ることだろうか。妻と離婚して、もう二年が近かった。オンナと言う意味では、今のところ不自由していない。だが家事の事になると、女は男よりも、格段の優れた所がある。そのことを妻と別れてから、親身に感じるようになってきた。だがそれと、私の記憶の中に有る夢とは違う気がする。

 つまり、私の記憶の中にある夢という単語は、意味が違う夢と言う事になる。ひょっとしたら、夢がウソであった、という事であろうか。それが一番近いのではないだろうか。元々夢は、自分自身が睡眠している時に、自分の脳が勝手に想像して見る物だから、現実に戻って考えてみたら、それはウソである。

―――― To the subsequent page please.―――――

知ったかぶりのコラム情報

FX-取り引きの基礎について  圧力鍋-加圧  英語-ことわざ・英語-名言  香港のホテル予約  旅行代理店の仕事  ベトナム・ホテル予約  香り高い-コーヒーメーカー  デトックス食材コリアンダー

END of This page.And Copyright-Takumushobou.
サイト内の文章及び画像には全て著作権があります。許可無く複製・再配布する事は著作権法で禁じられています。――

拓夢書房・ロゴ画像