MASTERWORLD‐第十一章その2「未来構想図複製の仕方」

彼と彼女の実力はほぼ同じで、勝者の見当がつかないほどに互角の腕前だった。しかし、ブライは星龍との融合をきっかけに、仲間と争うことを拒んできた。そしてウィリアは、斬滅の覚醒の後に「マーディマッドブレイド」という二つ名を付けられて以来、戦う姿を誰も見たことがなくなってしまった。故に、この二人の勝負の結末は誰も予測がつかないし、戦っている本人たちにもお互いの実力が分からない状態にある。

「……まじかよっ…ハッ」
ブライは苦笑いを浮かべ、ウィリアを睨んでいた。
「強すぎるんじゃねぇのか?」
ブライは両手両足を切断された状態で岩にぶつけられ、ウィリアの太刀を突きつけられている状態だった。
「なんで龍の力を使わなかった?」
「俺があの力が嫌いなだけだよ」
「…………そうか」

強く振りぬかれたその刃はブライを一刀両断した。だが。「そんなに切っても効かないの分かってんだろ?」と不敵の笑みを浮かべたブライに対しウィリアは安心したような笑みを浮かべた。
「わかった。じゃあ本気でいこうか」
「―――――!?それ、使うのかよっ!!」
「白銀の鬼刃(マーディマッドブレイド)、『薔薇』」

とたん、ブライは汗を流し拳銃を取り出した。しかし、一丁だけ。
「?お前のブラストは二丁拳銃じゃなかったか?」
「いーや、これが俺の本当のブラストだ」
「ふーん。まぁいいか――」
響く金属音。しかしウィリアは驚いた表情をしていた。

「なっ、なぜ切れないッ!!」
「お前の最高の切れ味を持つ技、白薔薇の鷹(ホワイトローズイーグル)。知ってるぜ」
ブライは強がって笑う。
「事実俺の中にいる星龍は死んでんだ。融合した直後に」
「なんだと?」
「だって、俺が殺したからな」
「―――!?」
ゾッとする表情をみせたブライ。

「そのお陰でこいつが手に入った」
ニヤリと笑って拳銃を突き出すブライ
「眼だ!眼球だ!!そのフォトンは無限大を誇る!」
ブライを中心に風が吹き荒れる。
「くっ――!」
「いくぞウィリア!星龍の本当の力!みせてくれる!!!」

「調子のんなよ、黒薔薇の使途(ブラックローズアポストロ)!!」
黒いフォトンを身にまとった姿は冥王のごとく。その速さは音を超えた。ブライの目前で静止した途端に言い出した「五分だ。五分で跡形も無く切り刻んでやる」そして消える。後ろに現れる。切る。それを繰り返して繰り返して。

そして――。
「終わったか。」
ブライは影も残っていなかった。
「あっけなかったな―まぁ私が相手だから、な」
しかしブライは一度もその拳銃を手放していなかった。
それに、ウィリアは気づいてなかった。
拳銃に埋め込まれている眼が破裂し、ブライが再生しはじめた

「なにっ―――!?」
「教えてやるよ!俺が最強の理由!!」
バン と打ちはなった弾丸は『薔薇』に当たり、弾き飛ばした。
しかしウィリアは困った様子も無く違う太刀を取り出した。
「白銀の鬼刃、『柊』」
これが私の最後のブラストだ――。

強い意志を持ったその言葉はブライに届いた。「ならば礼儀を持って、俺のブラストを解放しよう」
レイン――これがこいつの名だ。
ウィリアからは紅いフォトン。
ブライからは蒼いフォトンが大量のあふれ出した。
「いくぞ」
柊を構えるウィリア
「こいっ――!!」
レインを構えるブライ

ブライが一発弾を放った。
それを弾くように柊を振りぬき、ブライの懐に潜り込んだウィリア。
しかしブライは使っていなかった右手を突き出した。
爆発音と同時に辺りが弾け飛び、ウィリアを退けた。
そしてブライは空に弾丸を打った。

「これが、名前の由来だ」
ウィリアが目にしたのは雨のように降り注ぐフォトンの弾丸。
一発一発が地面をえぐり、ウィリアを狙った。
かすりはするものの、直撃を避けるウィリアを、ブライは狙っていた。
「これで、終わりだ―――――」

銃声を響かしたその弾丸は、星龍のフォトンを纏っており、まさに星のような輝きをしていた。そしてその弾丸は、見事にウィリアの右目に命中した。この時点でブライの勝利は決定。したが、ブライは驚くことにウィリアの傍へ行き右目から貫通した部分を、星龍の治癒で治し始めた。

だが右目だけは治さずに放置していた。「戦いの代償として右の光は貰うが。なかなか面白かった。またやろう」少年のような笑みを浮かべるブライに、半ば意識の無いウィリアはそっと微笑んだのであった。

「MASTERWORLD」第11章-3に続く 著作「スープ」さん。

知ったかぶりのコラム情報

 最近のお客様から、御社を選んだ理由は何だと言われましたか。上記同様に直接意見を聞ける状況にありませんので、不明です。ちなみに、顧客の述べている内容を鵜呑みにするようでは経営者として失格だと思います、人間は必ず本音と建前があり、本人の前では「建前」の方が強調されていると考えた方が間違いないと思います。

FX-取り引きの基礎について  圧力鍋-加圧  英語-ことわざ・英語-名言  香港のホテル予約  旅行代理店の仕事  ベトナム・ホテル予約  香り高い-コーヒーメーカー  デトックス食材コリアンダー

昨日話した内容と違うけど

 現在の状況では、直接顧客から意見を頂ける立場にありませんので、答えようがありません。今後は直接的な受注を受ける事が可能になるような分野を開拓し、新たな収入源にすべく、研究を進めています。

生活に役立つ情報について  ビジネスについて考える  生涯楽しめる趣味学  楽しくショッピング  やたらべったりの女子事務員  かれきゃらは焼き餅  女子島根の完結  英語の教材について  日々思う矛盾について  それは個人的な事だと思うけど

END of This page.And Copyright-Takumushobou.
サイト内の文章及び画像には全て著作権があります。許可無く複製・再配布する事は著作権法で禁じられています。――

拓夢書房・ロゴ画像