MASTERWORLD‐第十一章その3「未来構想図複製の仕方」

「破竹流――天龍殿ッ!!」
「排突ゥァッ!!」
レオルドの飛翔する脚撃を紙のようにかわす憂子。
二人とも口元が緩んでいた。
「何笑ってんだ!!」
「こっちの台詞だよッ!」
憂子の短剣をもろともせず素手で憂子に鍔迫り合いを仕掛けたレオルド。

「破竹流、天剣殿――。」
「なんで切れないッ!」
互いが弾き返され、またぶつかり合う。
そして、レオルドが15歩程後ろへ下がった。
「どうしたどうした、終わりか?」
「ああ、正しくは――決着り(おわり)だ」

レオルドは履いていた草履を脱ぎ捨てた。
「何をする気だ――?」
「音速の衝撃、お前は耐え切れるかな?」
ニタァと笑った、その後にレオルドはかかとに手を触れ、フォトンを集中させた。
「破竹流、弐の奥義―――幽破『水切』」

低い体勢を取ったままの状態から、そのまま、全速力で踏み出しただけ―――。それがこの奥義の特色である。まるで水を切っているかのような速度で、憂子を振り切った。文字通り。「がァッ!!!!」高く飛ばされた憂子はそれでも短剣を咥えたまま、手に持ったままレオルドに排撃を仕掛けた、が。「破竹流――天人殿」

両手を広げ、右手のひらを憂子に合わせた状態から、隙の見えた一瞬に拳を捻じ込む。
要するに反撃技(カウンター)だ。
「ぐフッ―――ッッ!!!」
ドサッっと音がして、憂子は倒れこんだ。
「もう少し楽しめるかと思ったが、たった16発で倒れるとは――。過去最低記録だ」
「……………………。」

「次やる時はもう少し手加減してやらないと駄目だな。すぐに終わる」
「……………………。」
「それじゃあ、姉ちゃんの加勢に――――おぉっと」
風を切る音、短剣を投げつけた。
「まじかよ、おいおい――ハッ、聞いてねえぜ、こんなの」

苦笑いを浮かべるレオルド、その視線の先には。真っ紅なフォトンを身に纏った憂子の姿、そしてまた、もう一本の短剣をレオルドに向かって投げつけるが、それをレオルドは難なくかわす。最後の一振。口に咥えた短剣を右手へ移した。そして、音も無く殺気も無く殺意も無いその塊が、レオルドに特攻した。

「くそっ――ここに来て暴神メビウスの紅いフォトン覚醒か!?出来すぎだろうが!」

前に、憂子がメビウスと戦ったことがある。というのは覚えているだろうか。それは自身の心の中に潜んでいるメビウスのことで、その力を使いこなすためにその根源を断たなくてはいけないから、憂子はメビウスと戦ったのだ。結果は憂子の負けだが、そう考えると完全に使いこなしているウィリアは相当の強者だったといえる。

憂子はレオルドの目の前で短剣を投げ、後ろへ回り、短剣をキャッチし、そのまま切りつけた。
「こんな動き―――ッ、ますます人間じゃねぇよッ!」
憂子が受け継いでしまったのは『殺滅』の力。
この状態で、たとえ服にかすれただけだとしても紅いフォトンが回り、『殺す』だろう。
「うッ、うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおッ!!!!!」
叫びながら出した技は、正に奥の手とも言える物だった。

「破竹流最終奥義ッ!――天守閣!!!!」
壱、懐に潜り込み、天へ突き上げる
弐、足に意識を集中し、一気に駆け抜ける
参、担ぎ投げ落とし、二度地面へと叩き伏せる
肆、地面を割り、また更に蹴り上げる
伍、抱き、落とす
陸、10の標的を同時に、堕とす
漆、光子を乗せ、踏み潰す
「破竹流奥義、壱から漆までを接続!」

その攻撃は見事にクリーンヒットし、憂子は倒れこんだ。が。勝者は憂子である。伍の奥義、『逆牡丹』で二人が接触したとき、憂子はレオルドの頚動脈を内側のみで切っていたのだ。そう。フォトンの刃で。

事実一番威力の高い漆の奥義は、もう力が入っていなかったためクリーンヒットしたのは陸の奥義までとなる。
「なぜ私が勝ったか、君には分かるかい?レオルド君」
ここで紅のフォトンを解除し、憂子は喋りだした。
「それはね……―――。」
「―――――――――?」
「主人公の味方をしたからだよッ!!」
随分と掟破りの台詞を吐いた後。
憂子は「ハーッハッハッハッハッハ」などと高笑いし続けていたのである。

「MASTERWORLD」第11章-4に続く 著作「スープ」さん。

知ったかぶりのコラム情報

 他の社員との間で大事にしていることは何ですか。他に社員は居ません。ですので、現状で述べる事は仮定になると思いますが、社員のやる気を引き出すことが重要だと。更に能力に見合った報酬、将来に対する展望に期待できるような経営方針、考えるときりがないぐらいあると思います。

FX-取り引きの基礎について  圧力鍋-加圧  英語-ことわざ・英語-名言  香港のホテル予約  旅行代理店の仕事  ベトナム・ホテル予約  香り高い-コーヒーメーカー  デトックス食材コリアンダー

昨日話した内容と違うけど

 創業者がよく言っていたことは何ですか。私が創業者です。質問2:既存客はなぜ御社を選んだのでしょうか? 同業他社との比較の中で、受注の決め手になったポイントは何ですか。

生活に役立つ情報について  ビジネスについて考える  生涯楽しめる趣味学  楽しくショッピング  やたらべったりの女子事務員  かれきゃらは焼き餅  女子島根の完結  英語の教材について  日々思う矛盾について  それは個人的な事だと思うけど

END of This page.And Copyright-Takumushobou.
サイト内の文章及び画像には全て著作権があります。許可無く複製・再配布する事は著作権法で禁じられています。――

拓夢書房・ロゴ画像