MASTERWORLD‐最終章「未来構想図複製の仕方」

「ぅらぁッ!!!!!」爆発音が聞こえる。かなり大きな。アルファトの歯車による爆発なのであろうが、その破壊力は見切ることなど不可能であろう。「四連歯車――!!」4つの歯車が合わさり、互いに回り始める。ぐるぐると回る。

「でやぁ!!」アルファトが突いた。そして、その歯車の中心から強烈な閃光と甲高い音が鳴り響きだした。そしてその1秒後。大きな爆発音と同時にあたりが爆ぜる。しかし、ライは動じなかった。何も感じないような、何も感じていないような。

無反応である。
無表情である。
無感情である。

しかし、前言撤回することになるが、無感情というほど感情が無いわけではない。破壊衝動。強いて言うならば、滅する衝動か。ぶんと黒槍を構えたかと思うと、そのままアルファトに突撃した。地面はえぐれ、土煙が立ち上る。それも、ある衝撃においてかき消された。

「歯車機皇帝、【アンティーク・ド・ニトロアーマー】」それは小型のコール。と表現するのが正解に近いアーマー。つまり装甲である。その重そうな外見と裏腹に、この装甲の特殊技能とは―――。《スピード》である。

爆発を利用した兆速の移動。そこから繰り出される重い一撃。それがこの装甲である。その装甲を身につけたアルファトとライがぶつかった衝撃により、辺りは無条件に飛び散った。鍔迫り合いが続く。

一歩も引かない。
一歩も譲らない。

それは人智を超えたと言うに相応しい、未知の領域。それでは、これを読んでくれている皆さんに質問。互いに音速を超えるスピードの鋼鉄をぶつけさせたらどうなるか。予想なんて、出来ない。が、しかし――――――。

「がッ――――!?」それは一瞬の出来事だった。どん、と大きな音が聞こえたかと思えば、アルファトが吹っ飛んだ。それはライの一撃でもなく、フウの一撃でもなく、ブライの一撃でもなく、憂子の一撃でもなく、死瑠璃の一撃でもなく、鬱魅の一撃でもなかった。

それは、完全なる部外者の攻撃だった。「衝撃(インパクト)」にやりと笑ったその黒服の少年は言った。「こんな無意味な戦争価値があるのか無いのか分かってるかな?」「無いんだよ。何もかも」

End of MASTERWORLD 著作「スープ」さん。

状況が変化しても絶対変えない

 日本の経済状況は常に変化しており、その変化に、ついていけない企業は淘汰されていくと考えています、ゆえに「状況が変化しても絶対に変えたくない」と言う「何か」は全くありません。違う意味でいうと、変化しない企業は進歩しない企業だと思います。

FX-取り引きの基礎について  圧力鍋-加圧  英語-ことわざ・英語-名言  香港のホテル予約  旅行代理店の仕事  ベトナム・ホテル予約  香り高い-コーヒーメーカー  デトックス食材コリアンダー

知ったかぶりのコラム情報

 もっともその前に「経営者」としての知識が欠けている(勉強をする機会がなかった)と思うので、それらを学ぶ過程で違う考え方が発生する可能性は大だとも言えます。

生活に役立つ情報について  ビジネスについて考える  生涯楽しめる趣味学  楽しくショッピング  やたらべったりの女子事務員  かれきゃらは焼き餅  女子島根の完結  英語の教材について  日々思う矛盾について  それは個人的な事だと思うけど

END of This page.And Copyright-Takumushobou.
サイト内の文章及び画像には全て著作権があります。許可無く複製・再配布する事は著作権法で禁じられています。――

拓夢書房・ロゴ画像