小説-ラーメン屋旅館|印象だけで人を判断

 印象だけで人を判断するのはどうかと思うが、この人の職業は、ヤクザ、と思っている。もうひとりの客は私の友人であり、同級生でもある、大友清だ。先ほどから、酒をちびりちびり飲んでいる。今日の彼は寒い懐に違いない。酒の肴には、おでんのスジ肉と玉子しか取っていない。

 それと寒い懐を証明する事実は、彼は私から遠ざかるよう店の入り口近くで、私から離れたように飲んでいた。懐が暖かい時だと間違いなく彼は、私の前に陣取り、大きな顔をして飲んでいる。

 今日の彼はいつも通りの服装をしていた。よれよれのシャツに、薄汚れたネクタイ、何シーズンも見かけるスーツに、コート代わりの黒のジャンパー。靴と靴下まではチェックできなかったが、磨いていない革靴と、黒の靴下だろう。

 その大友が、いきなり元気な声で私に話しかけてきた。
「お前さ。砂金、知っているか」
「砂金か。知ってるよ。金の塊になる前の、砂に混じっているものだろ」
「そう。それで今度さ、儲かる話が入りそうなんだ。デカイぞ」
「何がでかいの。まさか
「砂金の粒がでかい」なんて言わないでくれよ」
「東京のクライアントが、持ってきた話なんだけど……。いや、やっぱり止めとくわ、話が本決まりになったら、話す事にするわ」

 急に声のトーンを下げた大友が、少し気になって。
「どうしたんや、大友。今日は元気がないの」
「実は巧妙な罠に嵌められて」

 私は、またか、と思った。大友はお金の無い時、決まって巧妙なウソをつく。取りあえず、聞いている振りをすることにした。彼は暫く話しを続けていたが急に話題を変えた。巧妙な話は駄目だと思ったらしい。「ところで三年前に行方不明になった、冒険家の井上、覚えているか」

 「ああ。確か北極で遭難した奴だろ。まだ記憶の中には有るよ。あまり付き合いは無かったし、俺は、あいつの事、好きではなかったから、かえって記憶があるよ」
「その井上が、見つかったらしいよ」
「ふーん。何処で」

知ったかぶりのコラム情報

FX-取り引きの基礎について  圧力鍋-加圧  英語-ことわざ・英語-名言  香港のホテル予約  旅行代理店の仕事  ベトナム・ホテル予約  香り高い-コーヒーメーカー  デトックス食材コリアンダー

END of This page.And Copyright-Takumushobou.
サイト内の文章及び画像には全て著作権があります。許可無く複製・再配布する事は著作権法で禁じられています。――

拓夢書房・ロゴ画像