英語の教材について

 小説を書くのに英語が必要であるか? という疑問があるだろう。ましてや英語の教材の紹介なんてまったく無意味である、という考え方も出来るだろう。だが小説を書く上で重要な事が英語の中には数多く含まれれている。その中でも一番は文法にある。英語の文法を習う為にはまず日本語の文法が理解できていないと上手に理解できない。

 だから英語の教材が必要なんだ、ということになるがその具体的な例を紹介してみよう。「英語の教材を買うと小説創作が上手になるという話を聞いたので、ネットを利用して英語の教材を探してみた。だけど結構多くの種類があってどれを選ぶべきなのか迷い、結局購入には至らなかった」この文章を英語に翻訳してみよう。

 It looked for an English teaching material by using the net because the story that the novel creation became good if an English teaching material was bought had been heard.But there are information of many different kinds.I wasn't sure which one to take,so that I wasn't go far enough to purchase.

 上の文章と下の英文を見比べて欲しい。例えば日本語では最後まで読まないと意味が通じないが、英語の場合だと、最初の内に結果が出てきて、底に至るまでに経過をあとから述べてている。この様に、見比べてみると、英語と日本語の文法の違いが良く分るはずだ。こういった感じで英語と日本語の違いを思いながら小説創作に励むと他人とは違う個性が発揮できるようになる。

 つまりここで重要な事は個性を育てる、という事で、人とは違う味をかもし出した小説を書かなければ第三者には読まれないと言う事になる。もちろん今回は英語の教材に関して説明した訳だが、英語だけに限らず漢文古文など、普段は触れない分野の文章を改めて学習する事も重要だと思う。

お勧めの英語関連の記事

 英語の教材、あるいは勉強法に関してもっと説明しても良いのだが。このサイトは小説に関するサイトなので、専門的に書いたサイトをご覧頂く方が良いだろう。私自身が使っている英語の教材だけでなくネット上で扱っている多くの教材を徹底的に調査しております。

  1. 家出のドリッピー|イングリッシュアドベンチャー
  2. エスプリラインbyスピードラーニング
  3. 1000時間、ヒアリングマラソン

トラベル英会話〜ホテル・レストラン・空港・ショッピング〜…英語が話せないから海外旅行は出来ないと思っていませんか? 私もほとんど話せません。しかし、これまで海外旅行には何度も行っています。

お勧めの英語関連の記事

 最近創作した小説のお知らせ。というかまぁ自己満足ではあるのだが。

  1. 小説 末森巌人
  2. 小説 パクリ少年の大冒険
  3. 小説 犯罪と落し物の関係

知ったかぶりのコラム情報

FX-取り引きの基礎について  圧力鍋-加圧  英語-ことわざ・英語-名言  香港のホテル予約  旅行代理店の仕事  ベトナム・ホテル予約  香り高い-コーヒーメーカー  デトックス食材コリアンダー

END of This page.And Copyright-Takumushobou.
サイト内の文章及び画像には全て著作権があります。許可無く複製・再配布する事は著作権法で禁じられています。――

拓夢書房・ロゴ画像