圧力鍋-加圧

圧力鍋の加圧について、ワンダーシェフ・マクサスという圧力鍋があります。2.42気圧という国内最高気圧。マクサス-圧力鍋は、日本最高クラスの圧力(2.42気圧)により一般的な圧力鍋に比べて約55〜60%の調理時間で調理が可能です。しかし、ただ早くなればいいというものではありません。

日本の技術による安全性、扱いやすい軽さの追求、分解掃除でいつでも清掃等、お客様の声に慎重に耳を傾け、トータルにバランスの取れた圧力鍋となっています。取り扱いにも困らないようにクッキングレシピも付属されています。やはりメイドインジャパンは安心のブランドと言えるかもしれませんね。

フィスラー・ロイヤルシリーズを友人は使っているそうですが、これがかなり年季の入った代物とのこと。それでも、全く問題なく使えているそうなので、長く使っていても安心して使えるものを選ぶことが結局良い買い物と言えるのでしょう。圧力鍋・調理の行程は、加熱、加圧、蒸らし、減圧の4つの段階の段階を経ています。

圧力鍋-スピード調理が出来る仕組みは、鍋の内部が高圧になり、高圧の状態では沸点が高くなるという原理を利用しているのです。だから、ワンダーシェフのマクサスがシリットの圧力鍋など有名メーカー-圧力鍋と比較しても早く調理することが可能になってくるのです。

アルミ製・圧力鍋でもステンレス製・圧力鍋でも、その圧力鍋自体がどれぐらいの気圧で調理出来るかによって調理の時間が違ってきますので、圧力鍋の取扱説明書をしっかりと読んで使うということと、圧力鍋-専用レシピに準じて調理をすることが美味しく調理出来るコツと言えるかもしれません。

知ったかぶりのコラム情報

FX-取り引きの基礎について  圧力鍋-加圧  英語-ことわざ・英語-名言  香港のホテル予約  旅行代理店の仕事  ベトナム・ホテル予約  香り高い-コーヒーメーカー  デトックス食材コリアンダー

END of This page.And Copyright-Takumushobou.
サイト内の文章及び画像には全て著作権があります。許可無く複製・再配布する事は著作権法で禁じられています。――

拓夢書房・ロゴ画像